かつて据え置きローンと呼ばれていた残価設定ローン

「残価設定ローン」または「残価設定クレジット」というのは、新車の車両価格から、3~5年後の下取り価格、つまり残価を差し引いて、残りの金額をローンで支払うという方法の自動車ローンです。

残価設定ローンと称して登場する前から、似たような形のローンがあってそれは「据え置きローン」と呼ばれていたそうです。

下取り価格相当額を最終月まで据え置くと言う意味ですね。

残価である下取り価格は、販売会社によって予め設定されています。

元金の一部が据え置かれるのですから、通常の購入方法よりも月々の支払いが安くなるのが特徴です。

下取り価格は残価として据え置き、ローン返済終了時に対処することになっています。

残価の対処方法は3つあります。

「同じ販売店で新車に乗り換える」「車を返却する」「残価を一括、もしくは分割ローンで支払って購入する」です。

まず「同じ販売店で新車に乗り換える場合」ですが、今乗っている車に飽きて、別の車に乗りたい場合、新しい車を同じ販売店で買い換えると、今乗っている車の残価の支払いは不要になります。

何年も乗っていると車の型も古くなってきたり、別の車が気になってくる事もあると思います。

そのようなときは、新車に乗り換えて対応しましょう。

次に「車を返却する場合」です。

時間が経てばライフスタイルも変わってきます。

新車を買った時とは違い、今は車を使わなくなった、結婚相手の車があるから自分の車は乗らなくなったという時に、車を買った販売店に車を返す事ができます。

この場合も、残価の支払いは不要になります。

また、長く乗っていれば、だんだん車に愛着が湧いてくるもの。

気に入ったのでこのまま乗っていたい!という人は、残価を支払って、今乗っている車をそのまま自分のものにすることができます。

残価の支払は、一括払いか、再度ローンを組んで分割で支払う事ができます。

■残価設定ローンの途中解約はむずかしいものではない

ネットの質問掲示板で時々次のような質問を見かけることがあります。

「残価設定ローンで新車を購入、途中解約出来るのでしょうか?
ネッツトヨタでコンパクトカーを残価設定ローンで3年間、36回払いで現在1年半経過しました。
日産車に乗り換えたいのですが、残価設定ローンを途中で契約解除出来るのでしょうか?」

残価設定型ローンの満期である3年間の間に、早くも別の車に変えようとするオーナーさんもやはりいるんですね。

この場合は「解約」と言うよりもローンを清算する、つまりローン残額を一括して返済することによって車を手放すことが出来ます。

具体的には、現金で一括完済するか、あるいは車の売却金額で充当するかどちらかになります。

ローンの残債金額を自分でローン会社に問い合わせるか、あるいはディーラー経由でクレジット会社に確認してもらう方法で調べ、その残債金額をクレジット会社の指定日までに指定の口座に振り込めば完済となります。

この場合、売却金額でローン完済の金額をチャラに出来れば理想的なのですが、売却金額で不足する場合は現金の持ち出しになります。

残価設定型ローンは満期まで据え置きされる「残価」分の金額があるので、通常のローンに比べてローン完済のための金額は大きくなります。

トータルで見ればローンの途中での完済はお得になる可能性はあまりないと思いますが、まあ、事情があれば仕方がないということでしょうか。

このページの先頭へ