残価設定ローンは月々の支払い金額が抑えられる

残価設定ローンの最大のメリットは、他のローンよりも月々の支払い金額が抑えられることでしょう。

何%を買い取り価格で保証するか、という残価率は、車種や支払い期間によって変動しますが、一般的な普通車では40%が多いと言われています。

場合によっては残価率が50%になっており、この場合は「新車を半額」で乗ることが出来ます。

少ない予算で、ワンランク上の車に乗ることが出来るのは残価設定ローンの魅力といえるでしょう。

支払額が少ない為、頭金やボーナス月加算が無くても問題ありません。

残価設定ローンであれば、まとまったお金が手元に無くてもローンを組むことが出来ます。

支払い期間は3年(36回)回、4年(48回)、5年(60回)のどれかを選択します。

軽自動車が3年、普通車が3~5年で設定してあるのが一般的です。

中古車の場合は、数年後の下取り価格が大きく変わりますが、残価設定ローンの場合は、最初に設定した残価は保証されるので、相場が下がっても残価が下がることはありません。

ですので、下取り価格を気にせずに車種を選択することができます。

もし、数年後の相場が最初の残価よりも高くなっている場合は、残価を見なおしてくれる事もあります。

毎月の返済額を出来るだけ抑えたい人だけではなく、3年~5年くらいで次々と車を乗り換えたい人や、成長期の子どもに合わせて数年後に車を買い換えたいと考えている人、すぐに車が欲しいけれどまとまったお金が無い人、ワンランク上の車に予算オーバーさせずに乗りたい人は、この「残価設定ローン」を利用すると良いでしょう。

このページの先頭へ