残価設定ローンには注意点も沢山ある

メリットだらけに見える残価設定ローンですが、気をつけなければならない事も沢山あります。

まず注意しなければいけないことは、3~5年後の車両の引き取り時に決められた条件を満たしていないと、残価設定額が減額されてしまうことです。

ボディーの軽い傷などであれば残価に影響しないこともありますが、車の傷が酷かったり、事故の修復歴があった場合、別途規定の精算金額を負担することになります。

当然ながら事故で廃車になった場合も残債が大きくなります。

このような予期せぬ事故や傷に対する対策が必要であり、残価設定ローンで車を買う場合は、車両保険への加入が欠かせないと思います。

また改造も残価に影響することがありますので注意しましょう。

車の装飾をノーマルに戻さないといけなくなる場合もあります。

更に、いわゆる過走行、多走行の場合も残価の減額の対象になります。

メーカーや車種によって違いはありますが、月間走行距離が1000km以下であることを条件付けている所が多いようです。

もし、走行距離が条件を超えてしまった場合は、走行距離1kmあたり5円~8円、というように超過走行料金表に基づいて計算されます。

普段の車の走行距離を考え、月間走行距離が想定よりも多くなるようであれば、残価設定ローンは適さないといえるでしょう。

3~5年で買い替え、もしくは返却するのであれば、残価設定ローンは非常に魅力的ではありますが、もし最終的に車を買い取ることになると、通常のローンの方が総支払額が安くなることがあります。

意外に見落としがちで気をつけておきたいのが、残価分を含む総額に金利がかかるということです。

残価相当額が据え置きになっている分通常のローンより支払利息の金額が大きくなるからです。

また、もし残価を一括で支払うとなると、まとまった金額が必要になります。

同じ店舗での買い替えが必要な為、引っ越しや転勤でその土地を離れる場合は利用しにくいといえます。

■残価設定型ローンはローンの途中での解約が出来るのか

残価設定型の車のローンで悩ましい状況となるのは、ローン途中で事情が出たり別の車が欲しくなったりで、途中解約をしたくなるばあいでしょうか。

通常のローンでもローンの途中で車を売却したくなる場合があり、そんなときは車買取店のローン清算立替えサービス、手続き代行サービスを利用して売却代金をローンの清算に充てることが出来ます。

残価設定型ローンの場合も基本的には同じことになります。

具体的には、一括査定などによって上記のサービスを行っている車買取店、つまりローン残の車でも買取りする車買取店に査定額の競争をしてもらい、一番高いところに売却するという形になるでしょう。

ローン残額より査定額が小さい場合は差額の現金が必要になりますが、逆に査定額がローン残額を上回れば差額の現金が戻ってくるというやり方ですね。

今ではほとんどの大手車買取店がローン途中の車でも上記のようなサービスで買取できるようになっていますので、普通に一括査定を申し込んで出張査定のときにローン中の車だということを告げればいいでしょう。

地元の中小の買取店や中古車販売店だと大手のようなサービスは行っていない場合もあるかもしれません。

でも心配御無用、一括査定の複数利用などの工夫をすれば大手車買取店だけでも5~6社程度の確保は難しくないと思います。

でも事情にもよりますが、そもそも3年も経たないうちに車に飽きてしまうようなご身分車だったら、わざわざ残価設定型のローンなどを組む必要がないとも思うのですが、どうでしょうか。

このページの先頭へ