自動車ローンには様々な機関の様々な種類がある

自動車ローンには、様々な種類があります。

金融機関によって金利や支払い方に違いがあり、返済額も大きく変わってきます。

ほとんどの人は、購入時にディーラーや販売店のローンをそのまま契約、利用しようと考えるでしょう。

確かに、ディーラー系ローンは手続きが簡単で審査が通りやすく、未成年でも親の同意書があればローンを組む事ができます。

反面、金利がやや高めに設定されており、返済が終了するまで車の所有権は自分にはありません。

銀行系のローンは低金利が魅力的です。

公共料金の引き落としや給与の振込の利用などで、金利が優遇されることもありますが、条件が厳しく、必ずしも審査が通るとは限りません。

必要な書類を自分で集めなければなりませんし、何度か窓口に直接足を運ぶ必要が出てきます。

その他にも、地元の信用金庫を利用したり、組合員もしくは同一生計家族であれば、ろうきん、農業共同組合(JA)の利用も可能です。

自分の会社で融資制度があれば社内融資も検討すると良いでしょう。

毎月の返済額を抑えて、長期返済をしたいのであれば、低金利ショップを利用するという方法も選択肢の一つになるでしょう。

低金利ショップは最近一頃よりは数が少なくなったようですが、購入する車に7年以上とか長い間乗るつもりなのであれば理にかなった方法だと思います。

逆に3~5年で車を乗り換えて、更に毎月の返済額を少なくしたい人は、残価設定型ローンも考慮してみましょう。

ローンの支払いを自由に変更出来る、ニューバジェットローンも最近注目されています。

家計に合わせて、月々の支払いを少なくしたり、多くしたりすることができます。

このように、ローンの種類は多様化しており、金利だけでなく、条件や返済方法も様々です。

それぞれのローンの特徴を理解し比較して、一番自分に合ったローンを見つけましょう。

このページの先頭へ