手数料の高いことがニューバジェットローンの泣き所

収入が安定しないなどの理由で、毎月同じ額を払えるかどうか心配な人は、支払い金額を自由に変更できるニューバジェットローンを検討してみてはどうでしょうか。

収入の少ない月は支払いを少なくして家計の負担を軽くすることが出来ます。

逆に収入が増えたり、ボーナスが入って多く返済出来る月は、多く支払って金利の負担を減らす事もできます。

また、ボーナスの支払いがあるかどうか見通しが立ちにくい人の場合も、ニューバジェットローンにした方がよいと思われます。

逆に、収入が安定している人は、ニューバジェットローンも含めて幅広くローン会社を比較し、総支払額の少ない、一番自分に合ったローンを組むとよいでしょう。

ニューバジェットローンは他のローンよりも手数料が高いので、高額な車両で支払い回数が多い場合は、ニューバジェットローンではなく、他の支払い方法を選んだ方が良いかもしれません。

この手数料の高いことがニューバジェットローンの唯一の泣き所なのではないでしょうか。

返済の融通性が高いということの裏返しなのかもしれませんね。

ニューバジェットローンを選ぶ時に注意する点は、他のローンを選ぶ時と特に変わりはありません。

金利が比較的低いかどうか、対象は新車のみか、中古車購入の場合は中古車にも対応しているか、返済期間の延長は出来るか、一部繰上返済(スポット返済)は利用出来るか、などに注意をしておくとよいでしょう。

また、年齢、年収、勤続年数など、自分が審査の基準をクリア出来ているかどうかも、前もって確認しておきましょう。

不明な点はそのままにせず、必ず事前に販売店に問い合わせておくようにするとよいでしょう。

このページの先頭へ