社内融資は金利が低めに抑えられていてかなりお得

もし、あなたが会社勤めをしているのであれば、従業員向けの車購入貸付制度(社内融資)があるか確認してみましょう。

公務員であれば、所属する共済組合からカーローンの融資を受けることが出来ます。

銀行のローンよりも、金利が低めに抑えられていることがあり、かなりお得です。

また、連帯保証人、または保証料が不要というのも社内融資の特徴です。

他にも、繰上げ返済時の手数料が無料の所もありますので、利用できる場合は是非検討してみてください。

当然ながら、自営業やパートタイム労働者の方は利用できません。

また、全ての会社で社内融資をしているわけではありませんので、まずは自分の会社で社内融資があるかどうか調べてみましょう。

また、たとえ社員であっても、融資を受ける条件をクリア出来るとは限りませんので、最初に良く確認しておきましょう。

融資を受けている途中で、もしかしたら会社を退職する事があるかもしれません。

その場合どうなるか、という事も確認しておくとよいでしょう。

例として、地方職員共済組合での自動車購入の貸付額を見てみます。

「給料月額の6倍の範囲内(限度額は200万円)」で、弁済期間は120ヶ月以内です。

金利は年2.66%になっています。

社内融資の借り入れ方法は二種類あります。

一つは、会社が提携している金融機関から、低い金利で借りる場合です。

もう一つは、会社から購入費用を借りて、給料から天引きする方法です。

もし社内融資を利用できる環境であれば、内容を良く確認してから、一度検討してみるのがよいでしょう。

このページの先頭へ